トップへ » 当院について » 院長プロフィール » 「歯が良い国日本」への貢献

「歯が良い国日本」への貢献

院長あいさつある日本人が中国に旅行に行った際に、中国の方にこう言われたそうです。「あなた本当に日本人?」と。何故そのように聞くのか訪ねたところ、「日本人なのに歯が綺麗だから」と答えたそうです。

そう、日本はとても歯が悪い国なんですね。スウェーデンだと80歳で20本歯があるのに対して、日本では7本しかありません。

これまでの歯科治療は、虫歯になったら削って詰めて、歯を抜いたら入れ歯という治療でした。しかし、これからは虫歯になる前に予防し、歯が無いところには人工の歯を足すという治療へと変化していく必要があります。

丹野歯科医院では、「目で見て解りやすい説明」、「心の通う歯科医療」のほか、多くの海外研修を基にした「世界水準の歯科治療」、少しでも健康な歯を残す「予防歯科治療」を柱とした、これまでにない歯科医療を提供し続けていきます。

そうすることで、日本の歯科医療の意識改革、「歯が良い国日本」の実現に少しでも貢献していきたいと思っています。


トップへ » 当院について » 院長プロフィール » 「歯が良い国日本」への貢献


コールバック予約

PAGE TOP