トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 歯を抜かない矯正治療

歯を抜かない矯正治療

以前はほとんどのケースで歯を抜いて矯正治療をしていましたが、今ではケースによっては抜かないで矯正することができるようになりました。

Tip-Edge矯正テクニック
従来の矯正方法は、歯をワイヤーで無理な力で縛りつけるため、歯や顎が痛くなったり、歯に無理な力がかかったりします。それを解決するために開発されたのがTip-Edge矯正システムです。

弱い力で歯が動かせるように装置に工夫が施され、今までに比べて痛くなくスムーズに歯が動くため治療期間も短くなりました。

●Tip-Edgeシステムの特徴
1.非常にシンプルなテクニックである
2.患者さんの不快感が極めて少ない
3.複雑なワイヤー屈曲がいらない
4.治療期間の短縮
5.来院の間隔が4~6週間に延長
6.固定源のロスが少ないため、非抜歯矯正にも有利

※永久歯列期の治療期間
 従来の方法:約3年
 Tip-Edgeシステム:約1~2年

矯正床矯正
床矯正とは、顎を拡げて歯を並べる『保存』の立場に基づく非抜歯矯正です。

●床矯正のメリット
1.歯を抜かずに矯正が可能です。(あごを拡げて並べる歯科矯正)
2.費用が安くできます。(早期であれば10万円から治療可能です)
3.装置の取り外しが可能なので、負担が少なくすみます。


トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 歯を抜かない矯正治療


コールバック予約

PAGE TOP