トップへ » 治療について » ホワイトニング » ホワイトニング以外で歯を白くする方法があります

ホワイトニング以外で歯を白くする方法があります

丹野歯科では、ホワイトニング以外にも歯を白くする治療を行なっています。

ラミネートベニア法
歯の表面をごく薄く削り、セラミック製のつけ爪のような薄いシェルを歯に貼りつけて白さを取り戻す治療法です。天然歯と同様の色味を持つセラミックを素材に使用しているため、見た目が自然です。気になる色を改善できるだけでなく、歯の形・大きさも整えられます。

ラミネートベニア法

歯の表面を一層削るだけなので、生まれつき歯の色が濃く、ホワイトニングが効かない人や、歯と歯の間の虫歯が大きくなりすぎてしまった人に向いています。歯を削る量が少なくてすむことも大きな利点です。現在は、接着剤の質も向上し、長期信頼性も増しています。

保険のCRというプラスチック治療は、うまく治療すれば初めはかなり綺麗なのですが、時間が経つとどうしても変色してしまいます。その点、セラミックでできているラミネートベニアは全く変色しません。さらに良いことには、金属を使った被せ物特有の歯茎が黒くなるということもありません!

ダイレクトボンディング法
ダイレクトボンディング=「直接くっつける」という意味です。その名の通り、ハイブリッドセラミック(特殊なプラスチックにセラミックを混ぜたもの)を直接歯に塗り、歯の色だけでなく形・大きさまでも改善できる治療法です。

ダイレクトボンディング法

1回の治療で天然歯の輝きを取り戻すことができます。また歯を削ることがほとんどなく、1~2日と短い治療期間で治療が終わるため、患者さんに負担がかからないという特徴も持っています。しかし、時間が経つと変色してしまうおそれもあります。


トップへ » 治療について » ホワイトニング » ホワイトニング以外で歯を白くする方法があります


コールバック予約

PAGE TOP