トップへ » 治療について » インプラント » CTのある院内

CTのある院内

インプラント歯科治療で大切なものは、診断です。診断には、様々な手段を用いますが、その中でも画期的なのがマイクロCTです。今までは2次元的にしか見られなかった病巣も、マイクロCTを用いれば、3次元的に診断することができます。

このマイクロCTにより、治療の成功率を格段に向上させることができるようになりました。現在、この最先端マイクロCTファインキューブを導入しているのは、小山市では初めて、県内でも2院のみです。

従来マイクロCTは大学病院などの大きな病院にしかありません。確実かつ安全な手術をするためにはマイクロCTが不可欠になっており、結果、丹野歯科医院のインプラント成功率は98.5%です。その後のリカバリーを含めたら成功率は100%です。


トップへ » 治療について » インプラント » CTのある院内


コールバック予約

PAGE TOP