トップへ » 治療について » 一般歯科

虫歯治療は虫歯の原因を改善することが大切です

虫歯治療

削ったり、被せたりしても虫歯はなくならない
虫歯には、数多くの段階があります。

1.歯の表面が白くなったもの
2.歯の表面が茶色になったもの
3.歯の表面が黒くなったもの
4.歯のエナメル質まで穴が開いたもの
5.歯の象牙質まで穴が開いたもの
6.歯の神経まで穴が開いたもの
7.歯の頭の部分が失われてしまったもの

1つに虫歯と言っても、これだけの段階があるのです。1~3くらいまでは、環境改善するだけで、治癒もしくは進行停止します。4以上になると、何らかの削る治療をしなければ治りません。

また、虫歯の成立には4つの因子が重要だと言われています。

1.歯(エナメル質が弱いと虫歯になりやすい)
2.細菌(虫歯菌の数や質が悪いと虫歯になりやすい)
3.食物(虫歯菌に与える栄養が多いと虫歯になりやすい)
4.時間(すぐに虫歯になるわけではなく、ある程度の時間が必要です。)

つまり、攻撃側(細菌、食物)が強いか、守備側(歯、唾液)が弱いかで虫歯になるのです。虫歯の本来の治療は、上記の4つの因子のバランスを整えることであり、削って詰めることではないのです。削って詰めることは、結果に対する対処であり、原因を改善しなければ、必ず同じ結果を繰り返してしまいます。

削って詰めたり、被せたりすることによって、虫歯にならなくなるわけではないのです。原因を改善することが大切です。

丹野歯科医院では完全無痛治療をめざしています

一般歯科針のない麻酔で完全無痛診療
「痛い」「こわい」歯の治療を「痛くない」「リラックスした」治療へ。歯医者は痛い!怖い!といった従来のイメージを改善しようと、丹野歯科医院では完全無痛治療を目指しています。 麻酔に対する「高い知識」と「最新の技術」を取り入れ、少しでも痛みのない処置を心掛けています。

歯茎にグリグリ押し込むような昔のイメージはまるでありません。最近では「いつ麻酔をしたのですか?」「麻酔って針なのですか?」と言われることが多くなりました。

●3段方式の麻酔を使用しています
1.シールを使った表面麻酔により粘膜を完全麻酔 ⇒ 粘膜表面が完全に麻痺します
2.針のない麻酔を使って0.1ccの麻酔液を注入 ⇒ 粘膜下まで完全に麻酔します
3.極細針使用の電動麻酔によって麻酔液注入 ⇒ 針を使うころには何も感じません

※長く痺れているのが嫌な方には短時間で痺れが取れる麻酔液も用意しています。
※麻酔液を人肌に温めておくと痛みが減ります!

丹野歯科医院は削らない治療を実践しています

歯を削らないで薬で治すことができる3Mix法
一般歯科そもそも虫歯はバイ菌が引き起こすものです。従来の虫歯治療法では「歯は再生しない」として虫歯の病巣を徹底的に削り取っていました。この「3Mix法」では「虫歯にかかっている歯を無菌化」することができるので効果の高い治療が期待できるのです。

●3Mix法のメリット
1.歯を削る量が従来の治療より少ない
2.歯を削る量が少ないので、痛みが軽減できる
3.歯科治療に恐怖心があるお子様に最適
4.歯の神経をとらずに残せる可能性がある

●削って詰めるだけが虫歯治療ではありません
従来の虫歯治療は、削って詰めるという結果に対する対処であり、虫歯の原因を改善しなければ、必ず同じ結果を繰り返してしまいます。丹野歯科医院では虫歯を被せた後のアフターケア、原因の改善に力を入れています。

カリソルブ
歯を削らない最新治療。カリソルブを導入しました!カリソルブとは、『歯を削らずに、虫歯だけを溶かす薬液』のことで、最新の虫歯治療 として注目されています。

今まで、虫歯の治療の際にはタービンというドリル(あの"キーン"という嫌な音がする 歯を削る器械のことです)を使用し、歯を削っていました。このタービンは歯を削るのに非常に優れた能力を発揮しますが、あの音や、削る器械の振動から歯科治療を嫌なものとしていました。

カリソルブは薬液で虫歯のみを溶かすことができるため、基本的にタービンを使用しません。そのため、嫌な音や振動がなく、歯科治療が嫌いな方にとっては画期的な治療となっています。

●カリソルブの治療手順
1.カリソルブ溶液を虫歯につけると、感染した虫歯のみを30秒で柔らかくさせることができます。
2.専用の器具でその柔らかくなった虫歯を取り除きます。
3.虫歯を取った後はレジンと言われる"プラスチックの樹脂"を詰めて終了です。

虫歯以外(健全象牙質)には作用しませんので、健全な歯を削る(溶かす)ことはありません。治療は10~20分程度で終了します。


トップへ » 治療について » 一般歯科


コールバック予約

PAGE TOP