トップへ » 当院のコンセプト » 患者さんの声 » 匿名希望3

匿名希望3

―来院の動機は何ですか?
近くの歯科医院では、もう入れ歯しかないと言われ、インターネットでインプラントができる歯科医をさがして、丹野歯科医院のホームページを見て来院しました。
―歯を失った原因は?
思い出せば、おさないときに歯がいたい(虫歯)と氷でひやし、親に言っても歯医者さんにつれていってもらえませんでした。びんぼうで、親もいそがしく、そのうちに歯がいたいとも親に言わずにがまんして、がまんできなくなると、自分でぬいてました。
―インプラント治療を決断されたきっかけは?
このままあと20年以上も暮らすのはいやでした。前歯の差し歯は割れていて、人と話しをするのも気になり口もとをかくします。これ以上割れて取れてしまったら、入れ歯しかないし、入れ歯はぜったいに入れたくないと思っていました。
右の奥歯もなく、部分入れ歯を作った事もありましたが、食事をすると痛く、数回使っただけでした。
―インプラントの手術はどうでしたか?
最初の手術の前日は、恐怖でなかなか寝られませんでした。しかし、2度目の手術の時は、先生をまっている間にいねむりしてしまうくらいリラックスして手術をしていただいた事を思い出しました。手術中の痛みはほとんどなく、麻酔が切れた後はキズの痛みだけでした。私は痛み止めのクスリもほとんどのみませんでした。
―院内の様子やスタッフの対応はどうでしたか?
院内はいつも患者さんでいっぱいです。スタッフもとても明るくキラキラしています。若いエネルギーであふれている感じです。先生はとてもいそがしくいつ休んでいるのか心配になるほど、患者さんの歯の事を考えてくれています。現在の歯の事はもちろん、未来の歯の事も自分の事のようにいっしょに考えてくれます。
―その他何かコメントいただけますでしょうか?
「キレイな歯ですね。」とはじめて会う人にも言われるほどです。おいしいものを食べられて、手で口もとをかくさなくても笑える。私にとってインプラントは車よりもダイヤモンドよりも価値のある宝物です。院長先生はじめ丹野歯科医院のスタッフのみな様、本当にありがとうございます。感謝しております。

トップへ » 当院のコンセプト » 患者さんの声 » 匿名希望3


コールバック予約

PAGE TOP