トップへ » 当院のコンセプト » 最新予防歯科への取り組み » 「治療して終わり」はやりません。予防にも努めます

「治療して終わり」はやりません。予防にも努めます

「これ以上歯を悪くしたくない!」「もっと良く噛めるようになりたい!」という皆様に当院では予防歯科を推奨しています。

予防歯科

20年間、問題のないお口の中を保つために
歯の治療はどれくらい持ったかが問題になりますが、果たしてそれだけで良いのでしょうか?被せ物がどれだけ外れなかったかではなく、治療をしたままで病気が再発せずにどれだけ現状を維持しているかが大切です。

10年間外れなかったけど、10年目にして外れたら、被せた歯はボロボロで抜かなくてはならないなんて嫌ですよね?長期間、大切な歯を守るには、正確な診断、精密な治療、効果的な予防、どれが欠けても成り立ちません。

削って被せて終わりの時代はもう終わりです。歯周病も虫歯も本来は悪くなりづらい病気なのです。きちんとした治療と予防をしていれば、20年間問題のないお口の中を保つことは可能です。

予防歯科予防歯科をはじめましょう
最近、テレビのCMでも予防歯科という言葉を良く耳にするとおもうのですが、予防歯科とは一体何なのでしょうか?

物事には必ず、原因と結果があります。歯を削って詰めたり、被せたりするのは、歯が無くなってしまった部分への後始末。結果に対するアプローチです。

それでは、原因とは何なのかというと、それは虫歯菌や歯周病菌などの細菌であり、歯軋りや食いしばり、食事の時に起きる力のことです。つまり、その原因を改善して、新たな結果を生じるのを未然に防ぐのが予防歯科なのです。

歯を自由に再生したり、元の状態に戻せたり出来れば、予防などしなくても大丈夫なのですが、それが出来ない現状においては予防こそが最善の治療なのです。

どんなに高価で高精度な治療よりも、生まれもっての健全な歯のほうが一生健康に過ごせる可能性が高いのです。歯を消費してから回復するのには時間と費用、そして苦痛を伴います。歯を消費する前に予防していけば、時間も費用も苦痛も伴わないで済みます。

あなたはどちらがお得で賢い選択と思われますか?


トップへ » 当院のコンセプト » 最新予防歯科への取り組み » 「治療して終わり」はやりません。予防にも努めます


コールバック予約

PAGE TOP