トップへ » 当院のコンセプト » メディア情報

メディアに紹介されました!

丹野歯科医院が紹介された、メディアの情報です。雑誌や新聞、講演会など、様々なメディアで丹野歯科医院の歯科治療に対する思いに好評価をいただいています。今後もより一層の努力をしてまいります。

メディア紹介リスト
週間朝日「Q&Aでわかる いい歯医者2013」に取材記事が掲載されました
2012版日本の歯科100選に丹野歯科医院が掲載されました
国際歯科雑誌クインテッセンスに論文が掲載されました!
週間朝日「Q&Aでわかる いい歯医者2011」に取材記事と座談会記事が掲載されました
週間朝日「Q&Aでわかる いい歯医者」に取材記事が掲載されました
週間朝日「症例数でわかる いい病院」に取材記事が掲載されました
第4回とちぎ食育シンポジウム講演と新聞掲載


 

Q&Aでわかる「いい歯医者」2013に紹介されました。

当医院が雑誌で紹介されました。いままでも掲載されたことのある週間朝日MOOK「いい歯医者」という雑誌のの2013年度版で今回も当院が紹介されるはこびとなりました。

本誌の内容は毎年恒例のQ&A方式で、歯科の疑問に答えていくという、わかりやすい内容の書籍になっています。雑誌の内容もさらに充実したものとなっています。インターネットの通販や書店にて販売されていますので、よろしければご覧になっていただければと思います。

Q&Aでわかる「いい歯医者」2013
 

2012版日本の歯科100選に丹野歯科医院が掲載されました!

全国の歯科68,516医院(厚生労働省医療施設動態調査平成23年7月末概数)の中から公募による厳選な審査で選考された100医院が掲載されています。

信頼できるかかりつけの歯医者さんとめぐりあえますように。患者さんが本当に知りたい、歯科医院が本当に伝えたい、と思う情報を手に取りやすいように一冊の本にまとめるというコンセプトのもと発刊されています。

インプラントや矯正などの高度な治療はもちろんですが、丹野歯科医院の基本的な姿勢が掲載されています。インターネットの通販や書店にて販売されていますので、よかったらご覧になってください。

2012版日本の歯科100選

2012版日本の歯科100選

2012版日本の歯科100選
 

国際歯科雑誌クインテッセンスに論文が掲載されました!

「上顎臼歯部遊離端欠損に、インプラント治療を行い、臼歯部咬合支持を図った症例~予知性のある上顎洞底挙上術の追及~」というD1グランプリでも発表しました論文が、この度、世界20ヶ国で刊行されているクインテッセンスという歯科総合学術雑誌に掲載されました。

いずれは自分の論文をこのクインテッセンスに掲載されたいと思っていましたが、その願いが叶い実現される運びとなりました。

これに驕らず、さらなる精進をし、今後もより良い論文を発表し掲載されるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

国際歯科雑誌クインテッセンス

国際歯科雑誌クインテッセンス

国際歯科雑誌クインテッセンス
 

週刊朝日「Q&Aでわかる いい歯医者」2011に紹介されました。

週間朝日MOOK「いい歯医者」の2011年度版に、昨年度に続き当院が紹介されました。2011年度は特別座談会「ニューヨーク大学に学ぶ歯科医師からのメッセージ 信頼性の高いインプラント治療」にも招待され、他の先生方と治療に対する思いを交わした内容も掲載されています。

本誌の内容は昨年度と同じくQ&A方式で、歯科の疑問に答えていくという、わかりやすい内容の書籍になっています。インターネットの通販や書店にて販売されていますので、よかったらご覧になってください。

週刊朝日「Q&Aでわかる いい歯医者」2011

週刊朝日「Q&Aでわかる いい歯医者」2011

週刊朝日「Q&Aでわかる いい歯医者」2011
 

週間朝日「Q&Aでわかる いい歯医者」に紹介されました

週間朝日MOOK「いい歯医者」に、当院が紹介されました。ニューヨーク大学インプラント科研修プログラムに在籍している歯科医師を取材するという主旨で、当院が掲載されました。

Q&A方式で、歯科の疑問に答えていくという、今までに無い形のわかりやすい内容の書籍になっています。書店でも、販売されていますので、よかったらご覧になってください

週間朝日「Q&Aでわかる いい歯医者」

週間朝日「Q&Aでわかる いい歯医者」

週間朝日「Q&Aでわかる いい歯医者」
 

「週刊朝日 いい病院2009」に取材記事が掲載されました

週間朝日MOOK「手術数でわかる いい病院2009」に取材記事が掲載されました。栃木県の歯科医院では1医院。歯科医療最前線の1番最初に掲載されています。

これからも、皆様に評価される歯科医院を目指してスタッフ一同頑張りますので、応援宜しくお願いします。

週刊朝日MOOK 手術数でわかる いい病院2009
週間朝日「症例数でわかる いい病院」

週間朝日「症例数でわかる いい病院」
 

第4回とちぎ食育シンポジウム講演と新聞掲載

・第4回とちぎ食育シンポジウムにて、講演いたしました。
下野新聞社主催、㈱イオン後援の第4回食育シンポジウムにおいて、講師の依頼を受け、白鴎大学ホールにて講演をさせていただきました。

講演テーマ「健全な食育は歯の健康から~あなたの歯は笑っていますか?

第4回とちぎ食育シンポジウム講演と新聞掲載

当日の入場者数は331名。当日いらしていただいた皆様、本当にありがとうございました。

後日、講演を聞きにいらしてくれた患者さんから、「全く動じてなくて、凄かった。一番良かった。」と言っていただけたのですが、実はかなり緊張していて、後のTV放送を見ても「え~、え~。」と言っていたのがわかります。さらには時間配分を間違えて、他の講演者の方にご迷惑をおかけしてしまいました。妻曰く、一番笑いは取れていたようです。初講演にしてはまずまずの出来だったのではないでしょうか・・・。

下野新聞社および㈱イオンの方々の「食の大切さを皆様に伝えたい!」という熱い情熱には、訴えるものがあり、人の思い、気持ちの大切さを再認識いたしました。私の講演テーマは、「健全な食育は歯の健康から~あなたの歯は笑っていますか?」でした。歯の大切さを再認識していただけましたでしょうか?

日本人の80歳での平均歯数は約7本です。それに対し、予防先進国のスウェーデンでは80歳で20本存在します。この差は80歳においてだけでなく、全ての年齢でいえることです。この差はどこからくるものなのでしょうか?

この差はちょっとした環境の違いからくるものなのです。治療中心の歯科医療から予防中心の歯科医療にシフトするだけで、将来の歯の本数は大きく変わります。一生自分の歯で噛むことは十分可能なのです。一生自分の歯で噛むときっと良いことがありますよ!

第4回とちぎ食育シンポジウム講演と新聞掲載

・産経新聞の「一押し」コーナーに丹野歯科医院が紹介されました。

第4回とちぎ食育シンポジウム講演と新聞掲載


トップへ » 当院のコンセプト » メディア情報


コールバック予約

PAGE TOP